納骨堂運営をお勧めする理由

寺院の収入の確保が可能になる

寺院経営において、安定した収入を得ることは絶対条件とも言えます。
昨今の宗教離れも日々増していく中、葬儀・法事ばかりに主軸を置いた収入だけではなく
葬儀後の部分での収入として近年ニーズの高まりを見せている納骨堂運営をすることで
定期的な安定収入を得ることが出来ます。

お寺の維持・管理の負担を軽減

お寺を存続させ次の代へと受け継いでいくことはご寺院様にとって最大の課題でも有ります。
ただ、お寺の維持・管理には負担がつきもの。
葬儀やご法事があればご住職はいつでも外へ出ていかなければなりません。
その中で納骨堂の運営・管理は非常に難しいものです。
テンプルサポートはそんなご住職様に変わり納骨堂の運営・営業・管理をサポートします。
ご住職様がお忙しい状態でも納骨堂の運営が滞り無く行われるので安心です。

多様化するニーズに答えられる

かつては檀家様であれば必ず寺内の墓地へお入りになられていました。
しかし、核家族化が進み個々の家のニーズが変化してきた今、
たとえ檀家様であろうと必ずそのお寺へという意識は薄れています。
また、継承者が居ないなどの問題も有り、お墓を選ぶよりも永代供養が可能な納骨堂へのニーズが高まりを見せています。
納骨堂がないために別の場所へと改葬される方も増えてきました。
納骨堂を建立することで檀家様はもちろん、檀家様以外の方がお寺へと来ていただける…それが納骨堂の強みです。

今納骨堂が選ばれる理由

室内の為、一年中快適にお参りができる

無縁墓になる心配がない

宗派に制限がない

施設が整備され、バリアフリーでやさしい

都市型でアクセスが良好

比較的コストが低い

葬儀を終えた後、納骨のためにお墓を建てる事はかつて当たり前でした。
その後はお墓を順に継承していく…しかし少子化によりお墓の継承者は減ってしまい、継承することが前提のお墓よりも
管理しやすく無縁になる心配がない納骨堂に人気が集まっているのは当然の事と言えるかもしれません。
また、納骨堂はお墓に比べて費用が幾分か安く抑えられることも人気の理由の一つになっています。
納骨堂は今やお墓と並んで選ばれる選択肢の一つなのです。

施工例

myokenji-bar02

お取引先様

myokenji-bar

 

jyoufukuji-bar

 

younenji-bar

 

anrakuji-bar